消費者金融トリビア
カウンセリングの重要性


多重債務者問題が社会問題となっている。
多重債務者は社会的立場からすれば、弱者である。
従って、何らかの救済処置が必要であることは確かだ。だが、その救済処置に関しての手法が問題ではないだろうか。
過払い金返還請求しかり、なんでも法律でがんじがらめで縛り付ける方法よりも、むしろ多重債務者のカウンセリングが重要である。
欧米でも返済計画を策定し債務者を支援する仕組みが充実しており、延滞減少につながっている。
上限金利規制強化で融資基準が厳格化されており、借りられずに困っている人への配慮も必要だ。
米国や英国では、これらカウンセリング制度が充実しており、その成果を上げているのだ。
わが国も同様のシステム導入が急務といえるだろう。


TOP