消費者金融トリビア


多重債務者問題
カウンセリング
過払い金返還請求
三権分立について
信用情報の考察


消費者金融業界の抱える問題は深刻なものがある。
とりわけ、過払い金返還請求はその代表だ。
ただでさえ不良債権で頭を抱えるキャッシング業界だが、不良債権は回収不能と判断した時点で、貸し倒れの処理をすればすむ。
これは税務申告でも貸し倒れ損失分として計上できるので、貸し倒れによる損失は消費者金融会社はある程度計算に入れて営業をしてきたのである。
今までは出資法で定める年29.20%を上限とする利率が有効であった為、貸金業者は確実に利益を上げることができた。しかし、平成18年のみなし弁済を事実上無効とする判決を受け、過払い金返還請求が相次いだ。これが現在消費者金融業界の存続の危機さえ向かいかねない歴史上の大問題となっている。
当サイト、消費者金融トリビアでは、現在の消費者金融業界が抱える問題を、独自の視点と客観的な資料に基づく根拠により、鋭い切り口で解説する消費者金融・キャッシングの総合情報サイトである。